金沢 武家屋敷の茶室にて 

加賀百万石のいにしえを築いた前田利家ゆかりの地 “金沢” を訪れてきました。
今も城下町にある武家屋敷跡には、きれいな庭園とお茶室などが残ります。
茶道を習っている私としては、せっかくの機会。
ひとときの景色を楽しみながら一服を頂戴して参りました…。
I enjoyed green tea in samurai residences trace.

金沢は、かつての藩主前田家の保護奨励によってさまざまな文化が花開いた場所です。
蒔絵や象嵌、九谷焼、友禅染、水引などの工芸品に優れ、茶の湯や謡曲ととも自然豊かなこの地ならではの菓子文化も生まれました。
その中でも、三代目藩主利常候のお声がかりで生まれたという落雁「長生殿」が代表的です。
こちらは、糯米(もち米)と和三盆などで作られた和菓子です。
原材料が糯米という点は、おかきやあられと同じですね!
この地で出会う御菓子たちはどれもとても洗練された感があります。
また、金沢城をはじめ、兼六園、長町武家屋敷などの観光のスポットも数多く存在する素敵なところです。

金沢での御馳走といえば、もちろん日本海でとれた新鮮な魚介類たち。
今回お世話になったガーデンホテル金沢さんからおすすめ頂いた地魚と地酒を扱う地元の人気店「くろ屋」さんへ。
まずは、旬のお刺身盛り合わせを…。
古都とお酒とお魚。

初夏の趣きを感じながら…。
ぜひ、みなさんも金沢へお越しの際は、こちらのお店へもどうぞ。
(文/田澤秀樹)

金沢市公式ページはこちらへ
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/index.html

森八 落雁「長生殿」はこちらへ 
http://www.morihachi.co.jp/index.html