雛祭りコーディネート

旧暦3月3日 巳の日の行事は「雛祭り」と呼ばれるように雛人形を飾って女の子の成長を祝う日です。もともとは中国から伝わった伝習でもあり、水辺でみそぎを行い自分の身代わりとして川に「人形(ひとがた)」を流しました。この人形が雛人形の原型と考えられています。ほかにも上巳の節供にまつわる多くの習わしがありますがやはりひな祭りに欠かせないのは「ひなあられ」や「菱餅」。行事色でもある赤・白・緑は(多説ありますが)桃の花・白酒・よもぎを表し、魔除け・清浄・邪気を祓う力があるとも言われています。今回のコーディネートは行事色に着目し、また「ひなあられ」で川の流れを演出しながら、春の訪れへの喜びを表現しました。関西と関東では形状も違うといわれる「ひなあられ」コーディネートの器ひとつで、また違った表情がみられることでしょう。
コーディネート・解説:荏原泉美(千葉県) 協力:株式会社 山盛堂本舗