醤油の香ばしさとお米の旨みを。

草加といえばおせんべい?
昔、日光街道と奥州街道の宿場町として栄えた“草加”で、今の草加せんべいが生まれたとの俗説もあります。
おせんべいは、農家さんが育てられたお米を蒸して生地に仕上げる職人さんと、その生地をじっくり焼き上げる職人さんがいて完成します。

味付けも今はたくさんありますが、やはり人気No.1はお醤油味でしょうか。
こちらで使用しているお醤油は、鰹や昆布でじっくりとだしを取って旨みを加えています。
こんがり焼き上げた生地の甘味にもマッチするよう開発された秘伝の調味料なのです。

まずは、「パリッ!」と言うおせんべいが奏でる音色を楽しんでいただき、目をつぶってお醤油の香ばしさを味わって見てください。そして、噛めば噛むほど、お口の中でお米本来の旨味がじわじわと広がってくると思います。

このタイプのおせんべいは、お米からできる御菓子なのでお米の旨みが評価のポイントになります!いろいろな楽しみ方がありますが、一度こんな感じでせんべいソムリエになった気分を味わってみてください。

提供:株式会社 山香煎餅本舗

※現在、「草加せんべい」という名称は、地域団体商標に登録されています。詳しい内容については下記サイトをご参照下さい。
草加せんべい振興協議会 http://www.sokasenbei.com/index.html